マンション購入時に気をつけておくべきこととは?

2018年10月26日

将来の資産価値について

都心エリアのマンション価格が高騰を続けていますが、そのような状況においてマンションを購入しようと言う場合には将来における資産価値をしっかりと確認することが重要です。一度マンションを買ったら、そこにすみ続けようと考える人が多いですが、経済情勢の激変によって手放さざるを得なくなる可能性は十分に考えられますので、そのような場合にもなるべく高値で売却できるような物件を選ぶべきでしょう。そのための要件としてもっとも重要となるのが立地で、首都圏であればなるべく都心に近く、かつ駅から徒歩5分圏内のマンションを選ぶということです。しかしながら、近年ではそのような物件は一般のサラリーマンには手が出せない価格になっていることも多いことから、そのような場合には都心部の中古物件や郊外でも人気のある駅の駅近物件などもお勧めです。

立地だけが全てでは無い

マンションの資産価値にとって立地が重要とはいえ、もちろん住み心地も無視すべきではありません。特に、安心して住めるだけのオートロックやテレビモニターなどのセキュリティ設備が備えられていることや、ディスポーザーなどの生活を快適にしてくれる住宅設備が整っているかもしっかりと確認しておくべき事項でしょう。また、地震国である日本においては耐震性もマンションを選ぶ重要な基準となります。そのため、できれば信頼できるディベロッパーと建築会社によって建てられた物件で、設備も十分に整っているものを購入することをお勧めします。

宇都宮のマンションで一人暮らしをする時は住みやすい場所を探し、生活のスタイルに合わせて間取りを確かめて選ぶと便利です。

You Might Also Like