札幌市北区のテラスハウスに住んでみるのはどうですか?

2018年10月27日

札幌市北区とはどの辺?

札幌市北区とは、JR札幌駅北口から北部にかけて広がる行政区で、北端エリアは石狩市と接しています。そして、ターミナル駅の札幌駅に近いエリアについては駅南口同様に地価が高めながら、駅から離れた郊外エリアについては地価が安くて賃貸物件相場も安めです。そのため、駅前に住むよりも同じ予算内でグレードの高い家に住むことが可能となっています。例えば戸建て住宅やテラスハウスもある程度安く住む事ができ、全体的に古い物件が多い戸建て住宅(平屋含む)よりも、築年数が浅い傾向のテラスハウスはおすすめの存在です。

テラスハウスの居住メリットとは?

テラスハウスには多数の居住メリットがありますが、まずは戸建て住宅に住んでいるような気分になれる点が大きいと言えます。次に、一般的なマンションやアパートに居住していると子供が隣の部屋で寝ている中では大人が夜遅くにホームパーティーをするのは難しい傾向です。しかし、テラスハウスに居住して2階に子供部屋を配置すると、夜中でも声の大きさなどを気にすることなく、パーティー・映画鑑賞等を楽しめます。また、専用庭が付いていれば、プランターを使うことなく露地栽培で深い根を張る根菜系の野菜(大根・ごぼう・にんじん等)を作る事も可能です。その他、1階と2階の温度差が激しい場合、夏に2階が暑すぎれば1階で寝たり、冬に1階が寒すぎるなら2階で寝るような形も取れます。アパート2階に子供と住んでいると、足音がうるさい場合に1階の人からの苦情が来る可能性がありますが、テラスハウスなら足音を気にする必要がありません。

麻生の賃貸は高級感のある住宅となっていますので、現在では非常に人気の高い物件が多い特徴のある賃貸です。

北24条の賃貸で見つける

You Might Also Like