賃貸オフィスを選ぶには?手順を誤らないようにしよう!

2018年10月27日

まず欠かせない収容力

賃貸オフィスを選ぶ上でまず重要なのが収容力です。必要な従業員数を収容でき、仕事をする上で欠かせないオフィス機器を設置できるスペースが必要になります。面積でまず考えるのが一般的ですが、同じ面積でも部屋の形状によって十分なスペースを確保できるかどうかは異なります。候補を挙げてみて、実際にオフィスを使用している様子を考えて大丈夫かどうかを判断しましょう。

同時に考える必要がある立地

立地も賃貸オフィスを利用する上では重要なポイントです。オフィスの利用方法によって最適な立地は異なります。従業員がアクセスしやすいことが重要か、会社として信用を勝ち取れる立地が必要か、取引先とのやり取りがしやすい場所であることが肝心かはケースバイケースです。立地によっては賃貸オフィスが少なく、収容力が十分なものを見つけられない可能性もあります。この二つは同時に考えて選定するようにしましょう。

最後の決め手は賃料の高さ

賃貸オフィスを借りるかどうかで最後の決め手になるのが賃料です。その賃貸オフィスを借りたとして、本当に採算に合うのかどうかを計算してみましょう。どの程度の利益が期待でき、賃料としてどの程度までなら払っても大丈夫かを計算してみると、その選択が合理的かどうかがわかります。利益がどれだけ期待できるか、ランニングコストがどの程度になるかは選んだオフィスによって異なります。コストについての考慮は最後に行って、確かに大丈夫だと判断できたら契約をする方向で検討しましょう。

多くの企業が集まっている賃貸オフィス 中央区なら、場所的にステータスも高く、好物件が揃っていますのでおすすめです。

賃貸オフィスの新宿で調べる
賃貸オフィスの渋谷で探す

You Might Also Like