災害も考えてリスクを減らそう!安全な賃貸物件はどこにある?

2018年10月28日

住み慣れた街で探す賃貸

歩いて会社に行ける距離なら近いし安心です。賃貸物件を探す時には通う場所に近い地域で探すという方も多いのではないでしょうか。賃貸を探しの条件として、地域を優先にする方の多くは学生やサラリーマンですが、住み慣れた町だからこそ、限定した地域で部屋を探したいという方もいます。何百キロも離れた場所への引越になると、今までとは違う環境で生活しなければならなくなります。ライフスタイルと環境を考えて、地域限定で選ぶ部屋探しのメリットもあります。

地震を意識した物件探し…

日本ほど地震の多い国はありません。そのため住宅の耐震強度が気になるという方も多いと思いますが、地震が多発する国に住むのなら、耐震強度がある物件に住みたいと考えるのは普通です。地滑りが起こりえる高台にある賃貸に住むなんていうのは以ての外です。地震に対する恐怖感や強い意識があるなら、山の中腹や裾野にある物件はパスした方がいいでしょう。

災害から身を守りたい!

天災がいつ起こるかは誰にも予測できませんが、思いつく限りの想定をして、出来る限りの対策も練っておくべきです。地震では崖崩れも起きますから、崖の上や下に立っている物件は安全とは言えません。平地でも海岸に近いところだと津波の危険もあります。台風は土砂災害や鉄砲水も引き起こしますから、平地でも川沿いに立つ物件は危険かもしれません。災害を挙げるとキリがありませんが、内陸の平地に建つ賃貸物件であればリスクは減るはずです。広域避難場所が近くにあるとか、消防署や警察署が目の前なんていう賃貸も災害時を考えるといいかもしれません。

札幌の賃貸マンションを探すなら、不動産業者のインターネットサイトを参考にすると便利に物件探しができます。

サイトはこちら
小樽の賃貸マンションはこちらから

You Might Also Like