狭くても魅力的!狭小住宅のメリットをチェック

2019年8月2日

土地代や税金が安いのが魅力

狭小住宅が家が狭いといったデメリットのイメージが強いかもしれませんが、そうでない一般住宅にはないメリットもたくさんあります。狭小うう宅を建てるメリットとして、まず挙げられるのが「土地代の安さ」です。同じエリアでも土地が狭いというだけで、相場よりも安くなる傾向にあります。土地代を抑えることによって、住宅の方にお金をかけられるのは狭小住宅のメリットです。

また土地代だけでなく税金が安いというのも、狭小住宅のメリットと言われています。不動産取得税、固定資産税、都市計画税といった税金が、土地が狭いということで安くなるのです。マイホームを持つときに切っても切れない税金が、少しでも安なるのはメリットと言えるえしょう。

都市部でもマイホームが手に入る

マイホームを持つのであれば利便性の高い都市部が良いと、考えている人も多いかもしれません。ただ、人気エリアにマイホームを建てるとなると、かなりの取代を支払うことになるでしょう。人気の高いエリア、駅チカなど利便性に優れたエリアを建てたいけれど、できるだけ費用を抑えたいうという場合、狭小住宅にするというのも1つの手段です。狭小住宅であれば購入する土地代が抑えられるため、都市部や立地の良い場所でも比較的マイホームに手が届きやすいと言われています。マイホームは一生に一度、購入するかどうかの大きな買い物です。予算内でマイホームを建てたいなら、土地代や税金が安くなる狭小住宅を検討するのも良いかもしれません。

明確な基準はないものの、一般的には15坪ほどの土地に建てられたものが狭小住宅と呼ばれていて、都心部の住宅地でよくみられます。

建築実例を見つける

You Might Also Like