賃貸と注文住宅、どっちを選べばいいのか?

2019年8月31日

賃貸は住替えの自由度がきく

憧れのマイホームを注文住宅で購入するか、賃貸住宅を借りて住み続けるかということを迷うこともありますよね。購入と借りる、この2つの利点を見比べて、自分たちに合った住宅を選ぶ視点を持つことが大切です。さまざまな賃貸住宅の利点はありますが、そのなかの一つに住替えの自由度があります。安定した職に勤めていても、急な収入ダウンに見舞われることもあります。そんなときに賃貸なら、家賃費を抑えた住宅へ移り住むことも容易にできます。また、転勤時も賃貸であれば、家族みんなでスムーズに引っ越しができるでしょう。住んでみたら、近隣の騒音問題や、交通量が多くて危険であったなど、さまざまなトラブルが出てくることがあります。注文住宅を建ててしまうと、気軽に引っ越しはできないので、住替えの自由度がきくという面では賃貸住宅の方が有利です。

注文住宅は住空間の満足感を得られる

自分の理想の持ち家を建てるのが夢という人も少なくないでしょう。そんな注文住宅の利点とは、一体どういったところなのでしょうか。最大の利点というと、やはり住空間を自由設計できるところになります。ガーデニングができる庭、足を伸ばしてゆったりと入れる広々としたお風呂、家族の顔を見ながら料理ができるダイニングキッチンなど、さまざま場所で希望のスタイルが叶えられます。また、賃貸では収納が狭い住宅も多く、家具が増えてしまったりしますが、注文住宅の場合は工夫しながら収納スペースを設けることも可能です。収納家具も少なくて済みますし、見た目もスッキリとしますよね。注文住宅は、充実した住空間で満足度も高いと言えるでしょう。

大阪の注文住宅は交通の便が良い場所を選び、生活のスタイルに合わせて間取りを決め愛着を持てるデザインにすると効果的です。

You Might Also Like