インターネットの契約は必要?光回線は絶対必要?

2019年9月28日

インターネットの契約がどうなっているか

賃貸物件を探すときにブロードバンド対応かどうかをチェックするときがあるでしょう。新しい物件なら対応しているところが多く、古いアパートやマンションだと対応していないかもしれません。対応している物件は各部屋に回線が来ているので、新たに工事をしなくてもインターネットがすぐに使える物件と言えます。ただ入居後すぐにインターネットができるかどうかは物件によって異なります。その物件自体がインターネットの契約をしていて借主が新たな契約をしなくていい時は入居後すぐに使えますし別途接続料金などは不要でしょう。ただ賃料や共益費に含まれている可能性はあります。一方回線がつながっているだけだと別途契約して接続料金も負担しなければいけません。

光回線でどこまで使うかを考える

賃貸物件を利用するとき、社会人の一人暮らしだと平日の日中はほとんど部屋にいないでしょう。平日の夜や休みの日にいるくらいになります。もちろん住みやすい方が良いでしょうが、あまり部屋にいないのに無駄な設備で賃料が高くなるのは良くないかもしれません。ブロードバンド対応の物件には光回線がつながっている物件があり、インターネットだけでなく電話やテレビなども光回線を通じて利用できるときもあります。光回線は快適にネットやテレビなどが楽しめますが別途料金が必要になるので、すべての人に向いているサービスではないでしょう。ネットはスマホだけで十分と考えるのであれば、割高な光回線が使える物件をわざわざ選ぶ必要はないかもしれません。

琴似の賃貸は、都市部にあって鉄道路線も複数あり、交通の便が良く通勤や通学にも便利です。道部の主要都市への連絡も良く、北西には湾が広がって南方には国立公園や湖もあり、自然豊かな地域にも近い賃貸です。

You Might Also Like